体験講座 陶器に描くポーセリンペインティングが始まります。

ポーセリンペインティング 荒岡香子作品
講師 荒岡香子さん作品より

ポーセリンペインティングとは、西洋絵付けとも呼ばれ、専用の絵の具と筆を使い、白い磁器に絵付をし、800度を超える窯で高温で焼成して定着させるハンドクラフト。

世界に一つだけの食器や小物を作ることができ、日本ではかなり長きに渡り、愛好家がいる人気のある手仕事です。

このポーセリンペインティングを手がけてきたポーセリンペインターの荒岡香子さん(JPPA会員)は、ご自身の主宰するGroup Serendipityを中心に20年以上に渡り、ポーセリンペインティングの魅力を伝える活動をされています。

今回、ご縁をいただきまして、当店にて、初級の講座を開講してもらうことができました。

是非、ご参加下さい。

20160912_1790 20160912_2801 20160912_3385

ポーセリンペインティング初級講座の概要

 

今回、テーマにする作品は、基本のストロークのみで、可愛らしいお花の柄をお皿に描き出します。

お気に入りのピアスやリングを載せるアクセサリートレイや、チョコレートやフィンガービスケットなどを並べるお皿としてお使いいただけます。お皿は2タイプ、お花の色も2色有りますので、お好きなものを選んで下さい。手の早い方は、2枚目、3枚目も追加の材料費にてチャレンジ出来ます。

窯に入れるまでは、何度でも消して、描き直すことができるので、はじめてポーセリンペインティングを体験する方も、不安にならずにトライしていただけると思います。

ハンドメイドならではの世界のたった一つのお花のお皿を一緒に作りましょう。(講師 荒岡香子さん談)

日程:9月27日(火) 10時〜12時

定員:10名(成人以上対象) 最低開催人数3名より

費用:3500円(材料、道具貸出、焼成工賃込み)

講師:荒岡香子さん(JPPA会員・Group Serendipity主宰)

ご予約:エスニカ 045−983−1132

作品のお渡し:講座終了後、講師アトリエにて焼成、その後、各自、当店にてお引渡しをさせていただきます。日時については、追って、ご報告致しますが、およそお預かりから1週間少々と思います。

 

コメント

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す